「中園孔二展」も18日までーMIMOCAー

再び「中園孔二展」へ(はじめに)

「中園孔二展」も9月18日(月・祝)がいよいよ最終日でした。もう一度見たくて前日の17日(日)に友人たちと行ってきたのですが、3連休の中日ということもあったのか、驚くほどの人出でした。この日は偶然にも「こどもガイドツアー」もあり、参加してみました。展覧会のこと、ツアーのことなど書きたいと思います。

目次

① 17日のエントランスから

② 再びの鑑賞

③ こどもツアーに参加

④ カフェ・MIMOKAにて

⑤ 映えるショット

⑥ 11月23日(木・祝)はMIMOCA’S BIRTHDAY

① 17日のエントランスから

チケット売り場に行列!
友人が見て見てと💦

中に入ってびっくり!行列です。友人たちは並びましたが、高齢者の丸亀市民は無料発行の「ミモカシニアパス」を提示すると並ばずに入れます。

この日はロッカーに荷物をあずけてゆっくり鑑賞です
これがミモカシニアパス。展覧会観覧スタンプ5つ特典がある(裏面)

② 再びの鑑賞

二度目の訪問で、この作品の前で動けなくなりました。手前の人物らしき人は孔ニさんなのでしょうか。何て孤独なのでしょう。向こうの森で待つのは異世界のソウルメイトなのでしょうか。どんどん、想像が膨らみます。

③ 子どもツアーに参加

気持ちがかなり中園ワールドに引きづられるのを感じたので、ニュートラルにしようと「MIMOCAを探検 こどもガイドのツアーに参加することにしました。午前の部と午後部があったようで、私たちは午前の部に参加しました。募集定員は15名ほどです。

参加するときはこんなシールを身に着けます。かわいいので持ち帰って手帳に貼っています。子どもたちはこの日のツアーに向けて①館内の探検②グループごとにディスカッション③マップを作る④ガイドに挑戦、の手順を踏んでいます。

ゲートプラザの彫刻の名前あてゲームから、外階段の秘密、ミモカ・カフェの前の水の彫刻まで、意外に知らないことばかりで発見がたくさんありました。キッズのみなさん、ありがとう。とても楽しかったです。

④ カフェ・MIMOCAにて

ランチは完売だったのでオープントースト(¥950)とセットドリンクで(¥400)
こちらは友人のオーダーの、はちみつシナモントースト(¥750)
メニューです。

カフェ・ミモカはランチの提供は金~日のみで予約制です。取り置きのみでテーブルの予約はできません。お気をつけください。

⑤ 映えるショット

外階段は撮影には最高の場所

この日の訪問記念のショット。来館者が多くて一瞬を狙って撮らないと通行の妨げになるので工夫が必要でした。左端に佇む少年は、撮影が終わるのを待ってくれていましたが、それがとてもよい構図になりました。自画自賛です。アートに詳しい友人は「植田調」だと喜んでいました。この画像は顔出しOKだそうです(笑)

本日のお土産はミモカのガチャの缶バッヂです

美術館は心の病院、と猪熊さんが生前おっしゃっていたように、ミモカはいつでもどんな時でも私たちに喜びと安らぎと発見をプレゼントしてくれます。丸亀市民にとってこんな素敵な美術館がすぐそばにあるのはとっても自慢です!

⑥ 11月23日(木・祝)はMIMOCA’S BIRTHDAY

ミモカの開館32周年記念イベントとして、MIMOCA’S BIRTHDAYが開催されます。この日は全館無料で、①学芸員によるトーク ②ミュージアムグッズのセール ③タコスパーティー(仮称)④カフェでの特別プリンメニューと盛りだくさんです。ぜひ、おでかけください。

ゆきねぇが執筆したほかの記事

  1. おむすび山が呼んでいる
  2. 愛らしいけれど、新日本百名山ー飯野山ー
  3. この記事「中園孔二展」も18日までーMIMOCAー
  4. おいしいコーヒーをとっておきの器でー珈琲と器の店「楓(かえで)」・飯山町