お土産にもティータイムにもおすすめ!丸亀銘菓「六万石」

丸亀市のお土産として定番のおいしいお菓子「六万石」を紹介します。

「六万石」ってどんなお菓子?

赤い模様がシンプルかつ美しいパッケージ。

「六万石」は、創業100年を超える丸亀市の老舗寶月堂さんの看板商品です。
さっそく開封してみましょう。

特徴的な焼き印が白に映えますね。

「六万石」は白いおせんべいのような見た目をしていて、表面には焼き印が押されています。

四角を四つ並べた模様は、丸亀藩を治めた京極家の「四ツ目結紋」に由来します。
名前の「六万石」は、京極高和が封ぜられた当時の丸亀藩の石高からきています。さりげなく丸亀の歴史を感じさせるネーミングですね。

四ツ目結紋
商品名六万石
原材料砂糖(国内製造)、小豆、水飴、もち粉、最中種/トレハロース
カロリー98kcal
賞味期限30日
保存方法直射日光・高温多湿を避けて保存してください。
製造者有限会社寶月堂
買える場所御菓子司 寶月堂
製造者住所香川県丸亀市米屋町16

寶月堂さんのホームページによると、1個130円から購入できます。(個数により異なります。)

他に、6個入り、9個入り、12個入り、18個入り、27個入り、36個入りがあります。バリエーションが豊富なのでご贈答に重宝しそうですね。

「六万石」を食べた感想

「六万石」は、白いもなか生地でこしあん入りの求肥をサンドしたお菓子です。

外側のもなか生地はサックリとした軽い食感です。
その間にはもっちり食感の求肥。さらにその中にこしあんが入っています。

サクサクとモチモチ層状に重なった素材の、異なる食感が楽しめます。

中のこしあんの優しい甘さが、全体と絶妙に調和していて美味しいです。

見た目は小さくて可愛いのですが、一つ食べてみたところ意外と満足感がありました。
食べごたえがあるのは甘党として大変うれしいポイントですね。

緑茶でいただきましたが、ストレートの紅茶と一緒に味わってみてもいいかも!と思いました。
主張しすぎない上品な味なので、合わせる飲み物をいろいろ試してみたいです。

「六万石」はこんな時にもおすすめ

お茶請けにはもちろんのこと、日ごろの感謝を込めたお返しにもいいですね。
個包装なのでグループでシェアする時にもよさそう。

私は普段の作業の合間に、ちょっとしたご褒美に食べようと思いました。
疲れた時には甘いものが食べたくなりますが、「六万石」の繊細で優しい味はなんだか心も癒してくれそうです。

まとめ

寶月堂の看板商品「六万石」は、やはり老舗のこだわりを感じさせる信頼の味でした。

食感の意外性が想像以上でしたので、食べだしたら止まらない魅力があります。
正直に言うとファンになってしまいました。

ティータイムをより素敵にする「六万石」、ぜひお試しを!

アミノが執筆した記事の一覧はこちらになります。

  1. アミノのプロフィール
  2. この記事お土産にもティータイムにもおすすめ!丸亀銘菓「六万石」